男の最大のコンプレックスと羞恥はその包茎(ほうけい)にアリ!!

男性たるもの性器への悩みは誰しもが持つものであり、その中で大きさの悩みと双璧をなすものに包茎があります。

男の最大のコンプレックスと羞恥はその包茎にあり!!

オトコの悩み包茎について

包茎は昔は皮かぶりなどと呼ばれ揶揄されるなど、常に男性器に対するコンプレックスの中では大きな存在でした。

昔は見た目の問題として取り上げられることが多かった包茎ですが、見た目だけではなく自信の喪失により女性にも仕事にも遊びにも、とにかく何事にも積極的になれなかったり、匂いの発生や雑菌の温床になるなど衛生面での問題も指摘されるなど、見た目以外にも包茎は影響がかなり大きいものとなっています。

今回は入門編とも言える包茎の種類と影響について見ていきたいと思います。

最も多い仮性包茎は性交はできるけど問題点も多い

日本だけではなく地球上の男子の70%は包茎であると言われるほど多いのですが、その包茎男子の大部分は仮性包茎であると言われるほど、その割合は相当高いのです。

この仮性包茎ですが簡単に言ってしまえば、皮を簡単にめくることができて亀頭を露出させられるものを言います。

平常時には皮をかぶっているけれども、簡単にめくれて亀頭を露出させられるだけではなく、勃起しても皮が被っている状態だとしても、難なく皮をめくって亀頭が露出できるのであれば仮性包茎という分類となります。

こういった状態ですので性交は特に問題なくできますが、平常時は皮をかぶったままですので包皮内に匂いや雑菌が溜まりやすいと言った状態となり、性交時には女性への衛生面(感染症)でかなり問題となるのは言うまでもありません。

また皮をかぶった状態では先細りに見えるなど、通常時の見た目の問題から自信の無さにつながるなどの悪影響も見られます。

真性包茎の手術は保険適用になるほどの重大なできごとなんです!

真性包茎とは平常時や勃起時に関わらず、皮をめくって亀頭を露出させられない状態のことを言います。

真性包茎の手術は保険適用になるほどの重大なできごとなんです!

真性包茎の手術について

一般的に真性包茎だと性行為は不可能だと思われがちなのですが、実は性行為自体は可能です。

特に完全な真性包茎の場合には痛みを伴わないために、性行為自体は難なくできてしまいます。

しかし全く皮をめくることができないために、仮性包茎と比べて匂いや雑菌がドンドン溜まっていくことは誰でも想像できることです。

カスだってドンドン溜まっていくわけですから、その汚さは想像を絶しますよね。

完全に固着して皮がめくれない状態のため、無理にめくろうとすれば相当な激痛が走るでしょうし、良いことなんて全くありませんよ。

ちなみに真性包茎の治療(手術)は健康保険が適用されるので安価で手術は受けられますが、術後の状態を考えた場合は保険適用外ですが専門医での治療をおススメします。

嵌頓(かんとん)包茎は放っておくと危険な包茎なのですよ

嵌頓包茎は仮性包茎と同じように、普段は皮をかぶっているのだがむくこともできる状態です。

嵌頓(かんとん)包茎は放っておくと危険な包茎なのですよ

危険な嵌頓包茎は放置しない

嵌頓包茎とか仮性包茎の大きな違いは、包皮の亀頭の出口部分の狭さにあります。

包皮の出口部分が狭いために、皮をむいて亀頭を露出させるためにはやや強引に行うことになります。

そして包皮の出口部分が狭いために、陰茎を締め付ける状態になります。

締め付けられる状態であるために痛みを伴うことも多く、また亀頭部分に皮をかぶせようとしても簡単には戻らないと言った面もあります。

勃起時には特に包皮による締め付けがきつくなり、ひどい時には緊急手術が必要になることもあるのです。

元々包皮の出口部分が狭い人がこの嵌頓包茎になりやすいのですが、真性包茎を長年放置し続けた人が大人になって自力で解消した場合にも発症しやすいと言われています。

真性包茎と同じく嵌頓包茎も保険適用による治療(手術)が可能ですが、あくまで外科的に切除するだけであり、術後の状態を考えた場合には専門医での治療をおススメします。

その他にも肥満体型の人に多く見られる埋没包茎といって、陰茎が下腹部に潜り込んでしまうことで相当短くなってしまうものもあります。

東京ノーストクリニック

【包茎の治療方法】あなたはどうやって包茎を治療しますか?

多くの男性にとって陰茎の大きさと共に包茎は悩みの種なのですが、包茎を自宅で治療することができれば費用も安くて済み、また恥ずかしさや痛みも感じることなく素晴らしいのですが、実際に自分で包茎治療ってできるものなのかを、包茎手術と共に説明しています。

【包茎の治療方法】あなたはどうやって包茎を治療しますか?

包茎を治すにはどうしたらいいの?

包茎の男性にとって、どうやって自分の包茎を治していけばよいのかは悩みの種です。

病院へ行って包茎を治したいのだけど、その費用も気になるところですが、それ以上に包茎治療で病院へ訪れることに対しての恥ずかしさって、やっぱり誰しも持っているでしょうね。

また陰茎の包皮を切ることに対しての怖さもありますし、何となく痛いのではと想像しちゃうことで、どうしても足が病院へ向かないですよね。

病院へ行くことに対する恥ずかしさや怖さ、そして費用の面から考えた場合なども含め、できれば自宅で誰にも見つからずに包茎を治していきたい!と考える方も多いと思います。

そこで包茎の治療法をいろいろと見ていきたいと思います。

あなたに合った包茎の治療法がきっと見つかりますよ。

器具も使わず病院へも行かずに包茎を治す方法ってあるのか

誰しもが思うことですよね、包茎を簡単に治す方法ってないのかなって。

器具も使わず病院へも行かずに行う包茎の治療方法ですが、これはあくまで慣れの問題となります。

真性包茎の場合には、毎日少しずつ皮をむいて亀頭の先が見えるようにトレーニングしていきます。

嵌頓包茎の場合、皮のもっとも先端部分の穴である包皮輪が狭いため、指を入れて少しずつやさしく広げていくことで、徐々にですが穴が広まっていきます。

この包皮輪をやさしく広げていく方法は、真性包茎でも行う必要があります。

真性包茎でも嵌頓包茎でも、半年とか1年と言った時間をかけてゆっくり治療していくことになります。

ただし痛みが激しい場合には、自分での治療は諦めて病院で治療を受けてください。

仮性包茎の場合は、常に皮をむいた状態になるよう心掛けておくことです。

器具などを用いて自宅でこっそり包茎を治す方法

通販などでも買える有名な器具としては、リング状になった器具を陰茎に装着して、常に皮がむけている状態を作り出すものですね。

仮性包茎の場合にはある程度有効な器具だと言えますが、やはりある程度の時間を見ておく必要はありますね。

また陰茎自体を大きくすることで自然と包茎を治療する方法もあります。

サプリなどで陰茎の増大を謳ったものを服用したり、ポンプ式の器具で大きくする方法があります。

こちらは相当時間がかかることが予想されますし、必ず包茎が治療されると言った確証がありません。

亀頭部分をマッサージすることで亀頭自体を強くし、皮がむけやすい状態にすると言った方法もあります。

いずれの方法も仮性包茎のみで有効な方法ですが、結果が出るまでに時間が相当かかったり、効果が得られないこともしばしばあるのが難点ですね。


やっぱり確実な方法は病院で受ける包茎手術ですね!

真性包茎や嵌頓包茎については保険適用によって手術を受けることができ、費用もかなり抑えることができます。

ただし包茎手術の宣伝を雑誌などで行っている美容外科は保険適用による手術は行っていないことが多く、泌尿器科がある一定規模以上の病院でないと受けることができません。

またその手術内容は、あくまで包茎の状態を無くすために行われるため術後のできは二の次であり、多くの方がガッカリしてしまうのが現実ですね。

その反面、保険は適用されない自由診療扱いとなるため費用はかさむのですが、美容外科において包茎手術を受ける人の方が圧倒的に多いのも現実です。

やはり術後のできが全く違い、包茎手術を受けたと言わない限りはまず分からないほどに、きれいな仕上がりにしてくれるのが美容外科の特徴ですね。

また一般の病院では包茎手術の回数というのはとても少なく、失敗はしないもののやはり手術回数の多さから言っても、美容外科に軍配が上がるのは当然のことです。

また美容外科では他の患者と顔を合わすことがないようにするなど、恥ずかしさを感じないように来院できる態勢を整えているのも、一般の病院との違いと言えます。

包茎手術は日帰りでできるのでゆっくり決断すればよい

包茎手術は真性包茎やカントン包茎ならば、保険適用によって手術を受けることも可能ですが、やはり術後の満足感から言えば専門のクリニックでの手術がオススメです。

包茎手術は日帰りでできるのでゆっくり決断すればよい

包茎手術は日帰り可能!

それに見合った料金で受けられますので、まずは包茎手術を受けることを決断するところから始めましょう。

真性包茎やカントン包茎では保険適用による包茎手術も可能ですが、一般的には専門のクリニックにおいて保険外(自費)による手術が行われることが多いですね。

保険適用による包茎手術は、あくまで衛生上問題があったり性行為が不可能と言った事態を治療するための手術であり、見栄えなどは考慮されていないために術後には不満が残ることが多いでしょうね。

唯一良い点と言えば3割負担で手術が受けられるために費用が安いと言う点だけでしょうか。

一方専門のクリニックなどでは自費による手術のために、仮性包茎の場合でも手術が受けられることや、術後の満足度の点から専門のクリニックを選ぶ方がはるかに多くなっています。

包茎手術は日帰りがほとんどなので時間がない人でも受けられます

最近では手術後の入院日数が短くなる傾向にありますね。

そしてこの包茎手術ですが、ほとんどのクリニックや病院では日帰り手術となっており、仕事をしていてなかなか時間が取れない人でも受けやすくなっています。

手術は局部麻酔をして行われますので、術中の痛みはありません。

ただし麻酔が切れた頃に痛みを感じることがどうしても多くなってしまいますが、痛み止めのお薬が処方されることが大半ですので、どうしても痛くなった場合には服用して対処しましょう。

ここで注意点ですが、さすがにペニスの皮膚の一部を切っているわけですので、おおむね1か月程度はオナニーもセックスもできません。

切った個所が接合されるまでは我慢しましょうね。

包茎手術ってかなりの費用がかかるものなのでしょうか

真性包茎やカントン包茎の人が保険適用によって手術を受ける場合で、最もオーソドックスな環状切除術を用いた場合の保険点数は2040点、そして3割負担となりますから6000円ほどです。

包茎手術ってかなりの費用がかかるものなのでしょうか

包茎手術の費用や料金について

そこに診察料や医薬品代などが加わったとしても、負担額は2~3万円程度だと思われます。

保険診療を行っていて包茎手術も手掛ける、泌尿器科や形成外科などで受けることができます。

それに対して自費診療となるクリニックの場合、10万円を下回ることはまずないでしょう。

金額だけを見れば圧倒的に保険診療で行える包茎手術に軍配が上がりますが、それでも手術数で言えば圧倒的に自費診療のクリニックの方が多いのです。

これは仮性包茎でも手術が行える点や様々な手術法を選べる点、さらには手術したと分からないほどのきれいな仕上がりが期待できる点からです。

金額の差があっても、そのでき栄えを見れば納得できるものなのです。

包茎手術を受けることを決断することが最も大事

日帰りで終わる手術とは言え、やはり包茎手術を受けることを決断するにはかなりの勇気が必要ですよね。

包茎手術を受けることを決断することが最も大事

包茎手術の決断が大事

そのためにも各クリニックなどへ相談したり、カウンセリングを受けることで包茎手術の重要性を理解していくのです。

そして包茎手術を受けることを決断し、その後どこで手術を受けるのかを決めることが大事なのです。

あわてる必要はありません。

あなたにとって包茎手術が本当に必要なのかをじっくり考えてから、答えを出せばよいのです。


包茎手術を受けるため安全で安心のメンズクリニックを選びましょう

一生のうちに何度も包茎手術を受ける人は皆無だと思いますので、どこのクリニックを選ぶかはかなり難しい選択となるのですが、選ぶ際のポイントを列挙していますので、その中からあなたが重視するポイントを絞り込むことで、あなたに合ったクリニックが選べますよ。

包茎手術を受けるため安全で安心のメンズクリニックを選びましょう

自分に合うメンズクリニック選びとは

包茎手術を病院で受けることを決意はしたものの、いったいどの病院を選べばよいのでしょう。

雑誌やサイトでよく目にする有名なクリニックもあれば、一般の病院で包茎手術を受けられる場合もあります。

いったい何を基準に選べばよいのでしょうか。

ここではそんな迷える人達のヒントとなるであろう、病院・クリニック選びについて見ていきましょう。

やっぱり気になるのは手術費用ですよね

真性包茎やカントン包茎の場合には保険適用により手術を受けることができます。

この場合ほとんどは環状切除術を用いるので保険点数は2040点、3割負担で約6000円ほど。

それに診察料や薬剤費が加わったとしても、自己負担は総額で3~4万円といったところでしょう。

ただし包茎手術の専門クリニックなどでは保険診療を扱わない場合がほとんどですから、泌尿器科などで受けることになります。

ただし大半の人は自費診療で包茎手術クリニックを利用しています。

費用は10数万円以上と高額になってしまいます。

包茎手術クリニックの選び方について見てみましょう

どのクリニックを選ぶかの基準について

受診前の相談やカウンセリングが無料で受けられる

家から近いクリニックに行く

交通の便利が良いクリニックに通う

施術数の多いクリニックを選ぶ

手術料金がハッキリとしていて、正確な料金が提示される

アフターケアがしっかりしている

またご自身が受けたい施術法がある場合には、その施術法を取り入れているクリニックを選ぶことになりますし、CMや広告などで見た医師に手術してもらいたい場合には、その医師が在籍しているクリニックを選ぶことになります。

また包茎手術を行うクリニックを扱っているサイトで、口コミを参考にするのも大切ですね。

やはり自分の大事な部分の手術を託すのですから、できるだけ評判の良いクリニックを選びたいですからね。

あなたが包茎クリニックを選ぶ際の最も重視する点はどうなの?

包茎手術を一生のうちに何度も受ける人はほぼいないでしょう。

ですので無料で相談やカウンセリングを何度も受けられて、明確に答えてくれるクリニックは良いですね。

あなたが包茎クリニックを選ぶ際の最も重視する点はどうなの?

自分に合う包茎クリニックの選び方とは

また術後のアフターケアは患部に対しての処置だけでなく、不安に思うことに対して、きちんと答えてくれるクリニックが良いですね。

この辺りは口コミを参考にしましょう。

あまりにも高額の手術を勧めてくるクリニックはさすがにパスした方が良いのですが、しかし術後のでき栄えや見た目を重視する場合には、それなりの費用がかかってしまいます。

ですので金額を重視するのか、でき栄えを重視するのかは決めておきましょう。

ローンで支払えるクリニックも多いので、その辺りも頭に置いて選んでくださいね。

包茎治療クリニック店舗一覧エリアリスト

北海道 東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
北関東 茨城 栃木 群馬
関東 埼玉 千葉 東京 神奈川
東海 愛知 静岡 岐阜 三重
北陸  甲信越 新潟 富山 石川 福井 長野 山梨
関西 大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 和歌山
中国 岡山 広島 山口 鳥取 島根
四国 徳島 香川 愛媛 高知
九州 沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


投稿日:

ほうけい手術 おすすめ TOP

Copyright© ダツクリ , 2019 All Rights Reserved.