コラムトピックス

屈曲ペニスとは一体どのような症状や状態であるのか?

投稿日:

屈曲ペニスとはどのようなペニス?

人間誰しも様々なペニスを有していると思いますが、その形も大きさも様々です。

屈曲テニスとは、本来まっすぐではなければならないペニスが何らかの原因で横に曲がってしまっている状態のことを指します。

あまり想像がつきづらいとは思いますが、自分のペースに何らかの原因があると言えることは間違いないでしょう。

基本的には「くの字」に曲がってしまうと言われており、屈曲ペニスと言う言葉のわかりづらさから 「曲がったちんこ」や「曲がったペニス」と言われたりもします。

また陰茎のまがりは普通の状態においてはさほど目立つものではありませんが、勃起するとその症状がはっきりとわかるのです。

このような症状は誰しもがなり得る症状でありますが、具体的にどのようなことを気をつけなければならないのかと言うこと、また自分がそのような屈曲ペニスになってしまった場合にはどのようなことを行う必要があるのかと言うことを説明していきたいと思います。

自分のペニスの状態を知っておく

このような屈曲ペニスの場合は、正常範囲内のものから病的なものの指標の1つとして現れるものまで様々です。

具体的にどのようなことが原因となって結局ペニスになってしまうのかということについてですが、陰茎の海綿体を包む白膜と言う膜がペニスを覆うように存在しているのですが、その白膜がの上下左右の固さや伸縮の違い、長さに差があることによって、白膜が短い側にペニスが曲がってしまうと言われています。

このような場合、平常時はペニスが屈曲をしているかということがあまりわかりませんが、ペニスが勃起をすると屈曲をしてしまうところから曲がっているということがわかるのです。

この屈曲ペニスは病気やけがなどで起こっているような場合以外は個人の体質や生まれつきの特性であることが多く、たまたま白膜の長さが非対称があったと言うことがほとんどであると言えるでしょう。

ですから成長期のタイミングでこのような屈曲ペニスが起こっている場合にはそこまで気にすることではありませんが、大人になってからこのような屈曲ペニスの症状があるとあまり良くありません。

この場合には早めの病院受診や手術をすることがおすすめされるのです。

特に20代前半、また20代半ばから後半にこのような症状が現れた場合には速やかに病院に行くようにしておきましょう。

手術を受けると考えた時の時期とタイミング

先ほども申し上げました通り、日常的またはペニスの器質的な問題がないようであれば、すぐさま手術を行う必要はありません。

しかしながらこの屈曲ペニスが病的なものであると疑われるものであれば、または性行為時痛や排尿時痛につながるような痛みや違和感を感じてしまうようであれば、早急に手術をすることが必要となるでしょう。

年齢的なもので言うと成長期を過ぎてから早ければ早い方が良く、20代前半から半ば、後半の手術を行うことが良いと言えます。

屈曲ペニスが中学生から気になっていると言う方もきっといらっしゃると思いますので、そのような屈曲ペニスがコンプレックスであると言う方は、また大人になってもその屈曲度合いが変わらないと言う場合には早めの手術がおすすめできると言えますので、このように手術をしようと考えた場合、また手術の必要性があると自分自身で感じた場合には手術を行う病院やクリニックにカウンセリングを受けに行くと良いとでしょう。

そのような屈曲ペニスの手術を行ってきた方は皆さんプロのお医者さんと言えますので、確実にあなたのコンプレックスの解消に導いてくれます。

具体的にどのような手術をするのか?

仮に屈曲ペニスの手術を行おうとした場合、その手術の方法はいくつかありますのでご説明したいと思います。

屈曲ペニスの症状を抱えている方によって、また手術を行うお医者さんによって手術の方法や手術の手法は様々ではありますが、どのようなことを行うのかと言うことを知っておく上でもどのようなの方法を知っておくと良いでしょう。

まずはベーシックな方法の1つと言える曲がっているペニスの方向の反対側の海綿体白膜を短縮させ、陰茎をまっすぐに調節していきます。

1カ所の処置でまっすぐになる場合もありますが、結局度合いが強い場合には様々な調整を行いながら数カ所の調整を行っていく方法です。

手術の始めは縫合の処置力で屈曲されてしまったペニスを矯正していくことになりますが、その後処置を行った白膜部分が癒着をしていくことによって、縫合を行った部分が強い状態になっていくのです。

この屈曲ペニスの手術を行った際のデメリットとして挙げられる事は、手術の際に白膜を短縮してしまう箇所が現れてしまうために、陰茎海綿体が少し短くなってしまうと言うことです。

そのため陰茎の長さが若干短くなってしまうのですが、この手術をされて気になると言った声はあまりありませんので安心して良いポイントと言えるでしょう。

手術中に自分のペニスの状態を確認することができることもあるため、自分のペニスがどのような状態になっているのかと言うことを確認しながら手術をできることも1つのポイントと言えます。

屈曲ペニスで悩む必要はない

こちらも先程から申し上げている通り、屈曲したペニスと言うものは病的なものや怪我によって起こるものでなければそこまで気にする必要はありません。

しかしながらこの屈曲したペニスがコンプレックスであると言う方もいらっしゃると思いますので、20代前半からどうしても気になると言う方には屈曲ペニスに対しての手術を行う事をおすすめします。

このような屈曲ペニスについての知識がなかったり、屈曲ペニスについて触れる機会がないと「自分は何らかの病気なのではないか?」と不安になってしまうこともあります。

自分の状態を前もって知っておくことができたり、また屈曲ペニスと言うものがどのようなものなのかと言うことを知っていることができるようであると、その不安も解消することができると言えます。

ぜひ今回お伝えしたことを理解して頂き、忘れずに覚えておいてもらえれば良いでしょう。

-コラムトピックス

Copyright© ダツクリ , 2019 All Rights Reserved.