包茎治療をすべきか?まずは自分のタイプを知りメンズクリニックで相談しましょう

あなたの包茎はどのタイプですか

まずは自分が本当に包茎なのか、包茎であればどんなタイプなのか、それを確認しましょう。もちろん正しくはメンズクリニックで診断してもらうべきですが、自分でもチェックできる項目がいくつかあります。

1.仮性包茎
日本人男性の7割は仮性包茎だという統計があります。そもそも生まれた時は皮をかぶっています。成長と共に皮が緩むようになり、思春期を過ぎる頃から気づいたら亀頭が現れる状態になっている、これが正常です。

早ければ小学校高学年辺りから意識し出します。オナニーも経験するでしょう。その際に自分で皮をむき亀頭が出れば、それは仮性包茎です。

仮性包茎を放置しても問題ありません。適宜皮をむいた状態にすることで、自然と正常になることも珍しくないからです。ただしむいても直ぐに戻るなら、何らかの対策が必要かもしれません。

基本的に治療の必要はありません。もちろん包茎手術を受けることも可能ですが、詳しくはメンズクリニックで診断してもらいましょう。

ちなみに海外では包茎が少ないようです。その理由は、宗教的儀礼として子供時代に割礼、すなわち包皮を切るからです。日本人が特異体質なわけではありません。

2.真性包茎
自分で皮がむけない、そもそも穴が小さい場合は真性包茎です。勃起時に痛みがなければ、病気ではないため治療する必要はありません。とはいえ気になるなら、手術の対象です。症例によっては健康保険が使えます。

後述するように真性包茎を放置するとトラブルが生じやすくなります。多少の訓練で解消されることもありますが、自然に治ることはほぼありません。痛みがあったり臭いがきつい場合には、早めにメンズクリニックで相談しましょう。

3.カントン包茎
皮をむいた状態で勃起して、亀頭を締め付けるような痛みがあれば、それはカントン包茎です。こちらは危険です。亀頭がうっ血することもあります。早めにメンズクリニックで相談しましょう。

包茎の中でもカントン包茎は、早急に治療すべき対象です。こちらも症例によっては健康保険が使えます。

ただし仮性包茎を自力で治そうとする場合、一時的にカントン包茎のように痛むことがあります。とはいえ数回繰り返して痛みがなくなれば、問題ありません。

4.埋没包茎
埋没包茎は、肥満者に多いと言われます。お腹が出るので必然的に亀頭部分も皮がかぶってしまう状態です。基本的に太っているならダイエットすれば症状が改善されます。とはいえ気になるなら、肥満治療を併せて治療を始めましょう。

また何らかの理由、主に先天性異常などでペニスが短い場合も、埋没包茎になりがちです。この際には正しい原因を知ることが大切です。そういう意味でもメンズクリニックを受診し相談してみましょう。

包茎だと何が問題なのか

痛みがあれば心配ですが、痛みがないならば、包茎の何が問題なのでしょうか。

1.不衛生になる
経験者ならわかるでしょうが、包茎の問題点と言えば、不衛生になることです。おしっこをした際、どうしても皮の中にしずくが残ってしまいます。尿漏れのような感覚もあります。下着が汚れます。結果的に臭いも気になります。

包茎だと性病に罹りやすくなります。つまり雑菌やウイルスが包皮内に滞留してしまうからです。包皮内は一定の温度と湿度が保たれるので、雑菌が繁殖しやすくなります。それをSEXした時に彼女へうつしてしまう可能性もあります。

亀頭が汚れて雑菌が溜まると、尿道を逆流して膀胱炎などに罹ることも珍しくありません。衛生面で考えれば、包茎治療を急ぐべきでしょう。

2.排尿障害が起きる
排尿する際、便器から飛び散ってしまうことがあります。これは小学生などによく見られます。狙いが定まりません。おしっこのラインが2本、3本と分かれていませんか。大人であれば、これは排尿障害のひとつです。

昨今流行りの洋式便所での座りションだと気づかないかもしれません。それが包茎であることの見落としにもつながるようです。

3.早漏になる
常に皮をかぶっていると刺激から守られた状態になります。特に仮性包茎の人がオナニーやSEXをすると過度な刺激を感じてしまい、早漏になることが多いです。

早漏そのものは病気でもなく訓練によって改善できますが、やっぱり楽しみは減るでしょう。女性を満足させることもできません。コンプレックスになります。長い人生を考えると、早めに対処しておく方がよいでしょう。

ちなみに離婚原因のトップは「性格の不一致」と言われています。しかし本当は「性生活」の不一致です。お金も大切ですが、性生活で満足感が得られないと、夫婦間の愛情も冷めてしまいます。男女関係の要は、やっぱりSEXです。

4.コンプレックスになる
包茎の最たる問題点は、コンプレックスになることでしょう。どうしても積極的になれません。男の価値は包茎で失われるわけではありませんが、仕事や勉強でも自信が持てなくなります。

せっかくのイケメンであっても、彼女との行為がぎこちなくなり、結果的に別れてしまうことも多いです。包茎でコンプレックスを感じてしまい、EDになる男性もいます。

温泉やプールなどでも、誰かが笑っているのではないか、そんな疑心暗鬼に駆られます。友達同士の旅行も気になり、落ち着いて楽しめません。包茎が理由で引きこもったり、うつになるケースも珍しくないようです。

5.女性に嫌がられる
熟女なら、皮をかぶったうぶなペニスをかわいがってくれるかもしれません。しかしあまり男性器に対する知識のない若い女性は、包茎を不気味に思ってしまうでしょう。

正常位だけの仲なら、女性も気づかないでしょう。一方でフェラをするほどの関係まで深まれば、包茎を気にすることなく、逆に心配してくれるでしょう。とはいえツーンとする包茎独特の臭いは、よほどフェチな女性以外は好みません。

さらに風俗店なら包茎は嫌われます。性病の心配もあるからです。プロの女性なら、あからさまな批判はしないでしょうが、プロだからこそ包茎治療をすすめることもあるようです。

包茎を治す方法

自分が包茎であった場合、どのような対処をすべきでしょうか。もちろん素人が勝手なことをしてはいけません。傷がついたり病気になるリスクもあるからです。まずはメンズクリニックなど専門医と相談することが一番です。

1.自力でトレーニングする
仮性包茎の場合は、自分でトレーニングすることにより治せます。オナニーをする際、お風呂、排尿時など、気づいた時に皮をめくり、そのままにしておきましょう。初めは亀頭が下着に触れて痛いでしょうが、慣れれば問題ありません。

ただしカントン包茎で勃起すると危険です。また真性包茎で無理すると包皮や亀頭を傷めます。仮性包茎でも皮がたるんでしまうこともあります。違和感があればメンズクリニックなどで治療を受けましょう。

2.包茎矯正器具を使う
仮性包茎であれば、ネット通販で売られている包茎矯正器具が使えます。例えばリングタイプやパンツ型です。どちらも皮をむいた状態をキープできます。それを続ければ、よほどの重症者以外は改善可能です。

一方で接着剤タイプもあります。こちらは見た目ではばれないので人気があります。とはいえ薬剤なので、皮膚の弱い人にはおすすめできません。

もちろん真性包茎やカントン包茎の場合には使用できません。まずは自分の状態を確認しましょう。

3.包茎手術を受ける
包茎の根本的な治療は、手術です。余分な皮を切除する外科手術が基本です。これでほぼ確実に解決できます。

ただし包茎手術の後、医師から許可が出るまではオナニーもSEXも禁止です。我慢しないと傷口が汚くなり、手術痕が残ってしまうことがあります。

おすすめのメンズクリニックはこれだ

包茎治療に際してはメンズクリニックで相談しましょう。場合によっては手術を必要としないケースもあります。カウンセリングを受けるだけでも、コンプレックスが解消できますよ。

1.東京ノーストクリニック
東京ノーストクリニックは、包茎治療を専門に30年続けてきた男性専用クリニックです。現在では北海道から九州まで、全国に治療院があります。地方であっても包茎の悩みを相談できます。

一般的な病院なら、受付に女性がいるでしょう。しかし当院は、男性スタッフが24時間待機しています。基本的に女性スタッフはいません。患者さんのコンプレックスを考えた嬉しい配慮です。

包茎と言えば思春期の悩みですが、学生であっても支払いが楽です。金利や保証人不要のローンもあります。費用面を含めてわかりやすくカウンセリングしてもらえます。

包茎治療は見た目だけではありません。心理的な治療こそ大切です。メンタル面に対する適切なケアの充実こそ、当院が選ばれ続ける理由です。

2.ABCクリニック
包茎に限らず、ED、腋臭、薄毛など男性の悩み全般を対象にしているのがABCクリニックです。思春期から高齢になるまで、新しいタイプのかかりつけ医になります。治療院も北海道から九州まで全国に広がっています。

本来であれば、包茎治療は一生一度の大イベントです。そのためカウンセリングを受けた後もじっくりと考えるべきですが、当院では、直ぐに日帰りで包茎手術を受けることが可能です。忙しい人向け、地方から来た人にも優しい対応をしてもらえます。

ABCクリニックのモットーは、3つのAです。つまり安価、安心、安全です。費用面の心配も明朗会計で、追加費用はありません。事前に予算を準備して手術に挑むことができます。

当クリニックのサイトではセルフチェックテストができます。自分のタイプを確認してから相談しましょう。

3.上野クリニック
テレビCMでもお馴染みの東京上野クリニックは全国に14院展開しています。包茎治療のみならずEDや性病、短小、早漏など、ペニス全般に対する悩みを解決できます。24時間オンライン予約が可能だし、メールでの相談もできます。

包茎手術の痛みはありません。仕上がりもきれいです。また当クリニックでは、他院で失敗した場合の修正も行っています。女性の整形手術と同様に、医学的な成功とは違う、ちょっとしたこだわりにも丁寧に対応しています。

上野クリニックのサイトでは、ありがちな質問に回答しています。包茎に関する世論調査結果も示しています。誰にも相談できない悩みも、これで少しは解決できるかもしれません。そうした安心こそ、包茎治療には不可欠です。

包茎治療を受ける際の注意点

包茎治療を考えた場合、どのクリニックを選ぶべきでしょうか。その違いによって結果に差が生まれ、新たなコンプレックスを作り出すリスクもあります。包茎治療を受ける際の基本的な注意点を知っておくべきです。

1.メンズクリニックを選ぼう
一般病院の泌尿器科でも、カントン包茎や真性包茎の手術をしてもらえます。この場合には健康保険が使えます。

とはいえ専門クリニック以外では、とりあえず手術するだけであり、仕上がりを意識してはくれません。そのため手術痕が残ることも珍しくありません。これでは手術した意味がありません。新たなコンプレックスです。

そういう点から考えれば、包茎手術を専門にしているメンズクリニックを選びましょう。手術したとは思えないほどの仕上がりになります。アフターケアも万全です。忙しい人のために日帰り手術も可能です。

ただしメンズクリニックでは、包茎手術に限らず、保険を使った治療が行えないことが少なくありません。つまり健康保険の指定医療機関に認定されていないからです。事前に必ず確認しておきましょう。

2.有名なクリニックを選ぼう
包茎に限りませんが、手術の症例数が多いほど医者の技量は上がります。そのため多くの包茎手術をしている、言い換えると誰もが知る有名なクリニックを選ぶべきです。もしくは有名クリニックから独立した医師でも良いでしょう。

下手な医師が担当すると、手術痕が残ることがあります。その場合にはセカンドオピニオンを活用しましょう。別クリニックで再手術してもらえることが可能な場合もあるようです。

3.カウンセリングを受けて納得してから手術をしよう
包茎手術を急かすクリニックは避けた方が無難です。逆にじっくりと患者さんの要求を聞き出し、手術のリスクなども説明してくれる真摯なクリニックや医師を選びましょう。

包茎治療の前には必ずカウンセリングを受けましょう。費用や術前述後のケアについて詳しく指導してもらいましょう。そして納得の上で、手術に挑みましょう。

治療して前向きになりましょう

男性にとって包茎は一大事です。包茎だと勇気や自信が持てなくなります。せっかくの人生がもったいないです。包茎手術を受けるのは一時の恥かもしれませんが、治さずに過ごすは一生の恥です。包茎治療をして前向きになりましょう。違った世界が拓けてくるはずです。

投稿日:

包茎治療おすすめ TOP

Copyright© 包茎治療メンズクリニック , 2018 All Rights Reserved.