コラムトピックス

包茎 矯正

更新日:

70%以上の男子が包茎であると言われており、その大半が仮性包茎というのが実態です。

ところがその見た目の格好の悪さや恥ずかしさなどから、大勢でお風呂に入る時や女性の前では、とりあえず皮をむいて包茎ではないと見せている人が多いですよね。

こんな面倒なことをせずに常に皮がむけた状態に矯正できれば、それだけで男としての自信につながりますよね。

今回は包茎の矯正方法を見ていきましょう。

仮性包茎を常に亀頭が出ている状態に矯正する

皮が被ったままのペニスは、昔から皮被りなどと言われ冷やかされる対象となっていますよね。

だから合宿や修学旅行など大勢でお風呂に入る時は、あらかじめ皮をむいてお風呂に入るのが常識になっています。

また女性に対して恥ずかしい思いをするのが嫌で、セックスの前にコソッと皮をむいている男性諸君も多いことでしょう。

この仮性包茎を矯正するためのグッズがいろいろと販売されており、これらを使って皮がむけている状態に矯正していれば、自然と治っていくと言われています。

そのようなグッズを買うことが恥ずかしければ、絆創膏や紙製のテープなどで皮の一部を貼ってむけている状態にすることもできますよね。

このように仮性包茎の場合には、むけている状態を癖付けることで矯正が可能となります。



真性包茎を常に皮がむけた状態に矯正する方法

真性包茎は勃起しても皮がむけない、むこうとしても無理な状態を言います。

その原因ですが、ずっとむいていないことで皮と亀頭の間にカスが溜まり、それが固着してむけなくなっているのですが、もう一つ大きな理由があります。

それは包皮輪が狭いためです。

包皮輪とは言ってみれば、亀頭を露出させるための包皮の口の部分に当たるのですが、ここが狭すぎれば亀頭を露出させることは物理的に不可能です。

このために包皮輪を広げることで真性包茎も治る可能性が出てくるのです。

指が入って広げられれば良いのですが、おそらく無理でしょうから、包皮輪を広げるグッズが販売されていますからこれを利用しましょう。

皮ですから徐々にですが伸ばすことが可能なのです。

できるだけ早く包茎を矯正したい人の場合は

仮性包茎で皮を常に向けた状態にしたり、真性包茎で包皮輪を広げるとなると、費用はかなり安く抑えられるものの、やはりある程度の時間が必要となってしまいます。

でも包茎が気になりだした人は、やはりできるだけ早く矯正の結果を得たいと思うものですよね。

その場合には病院などで包茎手術を受けることをおすすめします。

費用は掛かるものの包茎手術を専門に行っている病院ならば、確実に満足できる結果がついてきますよ。



-コラムトピックス

Copyright© 包茎治療メンズクリニック.jp【ダツクリ】 , 2019 All Rights Reserved.