コラムトピックス

包茎手術リスク

更新日:

包茎手術を受けようと決心するまでには、相当な勇気が必要ですよね。

何せ自分の最も大事な部分の手術を受けるのですから。

ただその前に、包茎手術って一切リスクが無いと思っていませんか?
今回は包茎手術を受ける前に知っておいてほしい、リスクについてお話していきます。

包茎手術を受けたのに包茎が治らないことがある

こんなことが本当に起こる可能性があるのです。

特に平常時と勃起時の大きさに差がある方ほど起こりやすいのです。

平常時の長さだけに合わせて包皮を切除してしまえば、勃起した時には皮が突っ張って相当痛むことは分かりますよね。

ですので勃起時に支障がない程度にしか切除できないのですが、この場合平常時には亀頭に皮が被ってしまう可能性があるのです。

せっかく包茎手術を受けたのに、仮性包茎状態にしかならないと言うリスクは起こりうるのです。

包茎手術を受けたために気持ち良さを感じなくなった

邪魔で厄介ものだと思っていた包皮ですが、包茎手術で切除したことで、以前ほどの快感を得られなくなるリスクも存在しています。

普段亀頭に接している包皮内板と呼ばれる部分には、神経も通っていますし性感帯でもあるのです。

包茎手術の際にこの包皮内板を切除することで、それまでの快感が得られない感度の低下や、ひどい場合には不感症の原因となってしまうのです。

このために包茎手術の実績数が多く、このような事を熟知していない医師に執刀されると、せっかく勇気を出して受けた包茎手術なのに一生後悔することになるかもしれません。

東京ノーストクリニック

ペニスが2色になって縫合部分が一目瞭然の恥ずかしいことに

よく包茎手術を受けたペニスは2色になって恥ずかしいことになるって言いますよね。

これ実は包皮内板と包皮外板の色の違いによって起こるものなのです。

包皮外板は包皮内板とは逆に、普段は亀頭の外側を覆う部分です。

内側の内板はピンク系の色で外側の外板はやや黒っぽいので、性感帯でもある内板を極力残すように切除し縫合すると、その色の違いから縫合部分がハッキリと分かる状態になってしまうのです。

包茎手術によるリスクを極力抑えるために

包茎手術をせっかく受けたのに、様々な理由で満足することができないばかりか、一生後悔し続ける結果になんてなってほしくないですよね。

このようなことにならないためには、やはり信頼できる病院の信頼できる医師にお任せする以外には無いですよね。

包茎手術の執刀数の多さなど、包茎手術に特化している病院を選ぶことが重要になってきます。

あまり名前を聞いたことは無いが、格安で包茎手術が受けられるからと選んでしまっては、後悔するリスクが相当高くなりますよ。

くれぐれもリスクを避けられる病院を選ぶよう注意しましょう。



-コラムトピックス

Copyright© 包茎治療メンズクリニック , 2019 All Rights Reserved.