コラムトピックス

割礼の張り裂けるペニス包皮を切り裂く仕来たりから見る歴史とは

投稿日:

割礼って言葉時々聞くけどこれって要は何のこと?

特に外国の小説など読んでいると、割礼を赤ちゃんに施すなどという記述が見えます。

一体これはなんだろうと思うのは、日本ではあまりポピュラーなことではないからですね。
この割礼、赤ちゃんに施すのはその多くが、宗教的な問題を含むからです。

ユダヤ教やイスラム教では、しなくてはいけないことの1つなので、当たり前のように行われますし、その流れでキリスト教国でも多く行われます。

しかし日本ではこの割礼、一般的ではありません。
せいぜいがお母さんが、赤ちゃんのペニスが何時までも包茎のままなので心配と、相談に小児科に訪れる程度ですね。

しかし赤ちゃんのペニスが包茎なのは当たり前のことで、自然にいわゆる剥けてくることがほとんどです。
少年期にいじっていたら剥けた、という人も少なくないはずです。

これを予め外部からやってしむのが、割礼なのです。
余談ですがこの割礼、女子にも施される地域もあります。

割礼の要は包茎を治すなくすってこと?

赤ちゃん自体が、包茎を何とかしてくれとは決して言いません。
気にするのは親の方ですね。

なのである程度成長したところで、小児科に相談に行く親というのは珍しくありません。

この場合、宗教的な理由はないので割礼と言うより包皮切除と言ったほうが正しいかもしれません。
でもまあ、同じような施術をすることに変わりはありません。

医師の診断によっては、特に手術などで包皮を切除する必要はないと、特に手術を勧められないこともあります。

自然に赤ちゃん時代の包茎は、剥けてくることが多いからですね。

しかし一部には、その包茎がそのまま残ってしまい、剥けずにそのままになってしまうことがあります。
大人になっても剥けないまま、という人もいるのですね。

こうなると場合によっては、治療が必要になることもあります。

大人になって包茎の手術っていうのは割礼とは違うよね

赤ちゃんや子供の頃に施される、ペニスの包皮にメスを入れるものを、割礼と言います。

しかし大人になって、本来はそこまでで剥けるはずの包皮がそのままになった場合は、これを治す時には割礼とは流石に呼びません。
まあ一部の地域で、外部の人間がそこにいつくために、必要だということで割礼をというようなこと、無いとは言えません。

大人でも宗教的な問題や地域的な問題で、そういった場合割礼という儀式を通過しなくてはならなくなります。
男性これ、よほどのことがない限り回避したいことですね。

包茎手術ならともかく、割礼と言うといかにも麻酔も何もなく激痛とともに、というイメージが拭えないのが事実です。

記憶がその後無いだろう赤ちゃん時代にというのは、そういった意味もあるかもしれません。
いずれにせよ割礼というもの、出来れば回避したいと思いますね。

しかしこれも、もちろん宗教的なこともあっての行為ですが、それ以外にも性器の清潔を保つ、排尿時のトラにブルを防ぐなどのメリットもあります。

また大人になってからも、勃起時に包茎しているために膨らむことがうまく出来ず、加えて痛みを感じたりすることもあります。

それを防ぐためにも、赤ちゃんのうちに割礼をという地域もあるのですね。

割礼しなかったりして包茎のままだと問題があるって本当?

ほとんどの男性の場合、年齢とともに包皮は剥けてくるのでそれほど大きな問題はありません。

しかし大人になってそのままだと、勃起時に痛みを感じたりするというトラブルも出てきます。
なので先手を打って、というのが割礼なのですね。

しかし日本の場合はどうでしょう。

どうも江戸時代あたりから、包茎に対する風向きは強くなったようです。
現在でも包茎は、早漏だとか子供だとか言われてしまうことが多いですね。

これはかなり偏見なのは事実ですが、それでも確かに包茎の場合、手入れを良くしないと恥垢が溜まりやすいので臭いが強くなったりもします。

また勃起状態が、包皮によって限界になってしまったりもします。
そのため包茎の男性を馬鹿にするような言葉も、聞かれるのですね。

子供の時に割礼しておけばとか、さっさと包茎手術しておけばとか思ってしまうのは、こういった時でしょう。

ただ実際のところ、包茎でもきちんと手入れしておけば性生活に問題はありません。

ただし勃起の問題があったりした場合や、感染症などの心配があった時には、泌尿器科の医師に相談がおすすめです。

割礼ではなく、しっかりとした包茎手術や治療で改善が行なえます。

子供の頃に割礼しておけばこの包茎も無かったのに

親が、子供の頃に割礼をしてくれていたら、包茎に苦しむこともなかったのに、と思う人もいるでしょう。

でもこれ結果論です。
赤ちゃん時代の包茎が、そのまま大人になっても持続するかどうかは、誰にもわからないからです。

赤ちゃんの時の割礼は、きちんとした医師が手術するならともかく、一般人がやった場合は危険も伴います。

私生児の身体にメスを、それも非常に敏感な気管に入れるのですから大事ですよね。

実際に年に何件ものこの手の事故の報告が上がっています。

なので大人になっても包茎が治らない、そのままの場合は過去を振り返るのではなく、その後どうしたいかを考えたいですね。

どうしても気になる、性生活や排尿などにトラブルが起きる、誰かと一緒に温泉などに入るのが恥ずかしい、などのデメリットを大きく感じたら、医師に相談しましょう。

当人としては恥ずかしくてそれも、と思うかもしれません。
しかし同じ悩みを保つ人は本当に多いのです。

また包茎手術専門のクリニックも存在します。

包茎というのは決して悪いことではありませんが、問題を感じてメンタルで大きく傷つくようなら、こうした専門医に相談してみてください。

-コラムトピックス

Copyright© ダツクリ , 2019 All Rights Reserved.